中国文化と中国人 - 恋する中国

在留資格を「家族滞在」へ変更する場合 - ビザと在留資格


在留資格を「家族滞在」へ変更する場合



外国人が、「教授」、「芸術」、「宗教」、「報道」、「投資・経営」、「法律・会計業務」、「医療」、「研究」、「教育」、「技術」、「人文知識・国際業務」、「企業内転勤」、「興行」、 「技能」、「文化活動」、「留学」のいずれかの在留資格をもって在留する者の扶養を受ける場合(配偶者又は子に限る)。

提出資料 anchor.png

  1. 在留資格変更許可申請書…1通
  2. パスポート及び外国人登録証明書…提示
  3. 次のいずれかで、申請人と扶養者との身分関係を証する文書
    1. 戸籍謄本…1通
    2. 婚姻届受理証明書…1通
    3. 結婚証明書(写し)…1通
    4. 出生証明書(写し)…1通
    5. 上記1~4までに準ずる文書…適宜
  4. 扶養者の外国人登録証明書又は旅券の写し…1通
  5. 扶養者の職業及び収入を証する文書
    1. 扶養者が収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行っている場合
      1. 在職証明書又は営業許可書の写し等…1通
        ※扶養者の職業がわかる証明書を提出。
      2. 住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)…各1通
    2. 扶養者が上記1以外の活動を行っている場合
      1. 扶養者名義の預金残高証明書又は給付金額及び給付期間を明示した奨学金給付に関する証明書…適宜
      2. 上記1に準ずるもので、申請人の生活費用を支弁することができることを証するもの…適宜
  6. 身分を証する文書等(取次証明書、戸籍謄本等)…提示

※このほか、申請後に、当局における審査の過程において、上記以外の資料を求められる場合もある。




ビザと在留資格 - 在留資格を「家族滞在」へ変更する場合

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.