中国文化と中国人 - 恋する中国

不法滞在 - ビザと在留資格

HOME > ビザと在留資格 > 出入国管理 > 不法滞在

不法滞在



不法滞在とは、外国人が出入国管理及び難民認定法に違反した状態で滞在している状態をさす。非正規滞在という表現が用いられることもある。

不法滞在者と呼ばれるものには、下記の3種類がある。

不法入国者有効な旅券(パスポート)を所持せず、あるいは偽造旅券で日本に入った者
不法上陸者入国審査官の上陸許可等を受けずに上陸した者
不法残留者在留期間、上陸期間等を超えて残留する者

よく言われるオーバーステイとは、不法残留のことであり、外国人に付与された1年、3年などの在留期間が終了しているにもかかわらず、在留期間の更新、または変更を受けないで日本に残留することである。
平成20年の入国管理局の資料によると、不法滞在者の大多数は、「不法残留者」である。

こうした不法滞在者は、入管法24条の退去強制事由に当たるため、入国管理局の行政手続きにより、身柄が収容され、日本国外に強制的に退去(退去強制)させられることになる。
ただし、不法残留者が自発的に帰国する意思を持って、自分から入国管理局に出頭した場合には、一定の要件を満たしていれば、身柄を収容されずに、日本から出国できる「出国命令制度」という取扱いになることもある。

上陸拒否期間 anchor.png

退去強制や出国命令制度によって、日本を出国した外国人は、一定期間、日本への上陸が禁止される。
上陸が禁止される期間は「上陸拒否期間」と呼ばれる。

上陸拒否期間
過去に退去強制歴等のある者10年
過去に退去強制歴等がない場合で、当局の摘発等により退去強制にされた者5年
出国命令により出国した者1年

HOME > ビザと在留資格 > 出入国管理 > 不法滞在

HOME > ビザと在留資格 > 出入国管理 > 不法滞在

ビザと在留資格 - 不法滞在

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.