中国文化と中国人 - 恋する中国

永住と帰化の違い - ビザと在留資格

HOME > ビザと在留資格 > 永住・帰化 > 永住と帰化の違い

永住と帰化の違い



永住と帰化はまったく異なった制度である。
永住は、外国人の永住許可申請に対し法務大臣が許可を与えた場合に、その外国人に「永住者」という在留資格が与えられるものである。永住者は在留期限のない在留資格であるため、更新の必要はなく、また活動の種類にも制限はない。
これに対して帰化とは、日本国籍を有しない者が日本国籍の取得を望む申請をした場合に、日本国が許可を与えることによって、日本国民としての地位(日本国籍)を与える制度である。
このように、永住は外国人が外国人であることを前提とする在留資格制度上の問題であるのに対し、帰化は外国人が日本人になるという国籍の問題であるという点に根本的な相違がある。
外国人が永住か帰化の申請をする場合、まず本質的な自分のアイデンティティーについて何を望むのか、日本人になることを望むのかそうでないのかについて十分検討し、決断をすることが必要である。帰化申請後、自分が生まれた国の国籍を捨てて日本国籍を取得することに迷いが生じることもある。日本での在留継続の安定性の確保という意味では、永住者の在留資格を得ることで多くの場合は問題がないと思われるため、帰化申請を考える場合には、本当に日本国籍の取得を望むのかということをよく考えてから決めたほうがよい。

永住と帰化の具体的な効果の違い anchor.png

永住と帰化の効果の上での具体的な違いは、要するに、日本国民に限定される制度の適用の有無と考えると分かりやすい。たとえば、国政上の参政権は「日本国民」の権利という立場を政府がとっているため、帰化して日本国民になれば参政権を得ることができるが、外国人が永住者の在留資格を取っても参政権はないことになる。また、永住者といえども外国人であるため、退去強制制度や再入国許可制度の適用はある。したがって、退去強制事由に該当する一定の犯罪などを犯した場合には、永住者であっても退去強制で国籍国に送還されることもあり、再入国許可を取らないで出国してしまえば、永住者の在留資格は失ってしまう。
永住者は外国のパスポートを持つが、帰化した場合は日本国の戸籍が作られ、日本のパスポートを持つという違いも、実際には重要な場合がある。帰化を希望するひとつの場面が、ビジネス上の問題から生じることは否定できない。子弟の就職の際に外国籍が不利に働くことを考慮して家族で帰化する場合は現在でも少なくないと思われる。
また、勤務先の事情で頻繁に出張する相手先の国との関係で(例えば本国籍ではビザの取得が難しいが、日本の旅券を持っていれば査証免除で行ける)、事実上勤務先の会社から帰化を勧められる場合もある。このような現実的な事情のみから帰化を決断するのは本来の趣旨からいえば疑問が残るが、現実と妥協せざるを得ない場合があることも否定しきれない。ただ、このように家族の誰かの現実的な理由から帰化の申請を選択した場合、必ずしも納得しないまま同時に帰化の申請をした家族の一員が前述したような悩みをかかえることもある。大変重要な選択であるため、十分話し合い、納得した上で決めることが大切である。


HOME > ビザと在留資格 > 永住・帰化 > 永住と帰化の違い

HOME > ビザと在留資格 > 永住・帰化 > 永住と帰化の違い

ビザと在留資格 - 永住と帰化の違い

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.