中国文化と中国人 - 恋する中国

日本人と結婚した中国人配偶者の在留資格 - ビザと在留資格


日本人と結婚した中国人配偶者の在留資格



日本人と結婚した中国人配偶者が日本に入国し、生活するためには、日本の地方入国管理局に在留資格認定証明書の申請をする必要がある。

※ 在日中国人が日本人と結婚した場合は、在留資格の変更となる。
日本人と結婚した場合の在留資格の変更

在留資格認定証明書申請手続きに必要となる書類は以下の通りである。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書・・・1通
  2. 配偶者(日本人)の戸籍謄本・・・1通
    ※戸籍謄本に婚姻事実の記載がない場合は、戸籍謄本に加え、婚姻届出受理証明書を提出。(発行日から3か月以内のもの)
  3. 中国の機関から発行された結婚証明書・・・1通
  4. 配偶者(日本人)の住民税の納税証明書(1年間の総収入、課税額及び納税額が記載されたもの)・・・1通
    ※ただし、納税証明書に総収入、課税額及び納税額の記載がない場合は、課税証明書及び納税証明書を提出。(発行日から3か月以内のもの)
  5. 配偶者(日本人)の身元保証書・・・1通(身元保証人は、日本に居住する日本人配偶者)
  6. 日本人の方の世帯全員の記載のある住民票の写し・・・1通(発行日から3か月以内のもの)
  7. 質問書・・・1通
  8. スナップ写真(夫婦で写っており、容姿がはっきり確認できるもの)・・・2~3葉
  9. 写真(縦4cm×横3cm)・・・1葉(申請前6か月以内に正面から撮影された無帽、無背景で鮮明なもの)
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し、申請書の写真欄に貼付。
  10. 380円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒
    ※返信用封筒には、あらかじめ宛先を記載。
  11. その他
    1. 身元保証人の印鑑(提出前に押印した場合は不要)
    2. 身分を証する文書等
      ※代理人、申請取次者、若しくは法定代理人が申請を提出する場合において、申請を提出することができる人間かどうかを確認するために必要となるもの。

※この他、申請後に、入国管理局の審査の過程において、上記以外の資料が求められる場合もある。

留意事項

  1. 提出資料が中国語で作成されている場合、訳文(日本語)を添付。
  2. 原則として、提出した資料は返却されないため、再度入手することが困難な資料原本等の返却を希望する場合は申請時に申し出る。

個人差はあるが、1ヶ月から遅くとも3ヶ月ほどで在留資格認定証明書が発行される。発行され次第、これを中国にいる中国人配偶者に送付し、中国人配偶者が在中国日本大使館へ行き、日本への入国ビザ申請をする。




ビザと在留資格 - 日本人と結婚した中国人配偶者の在留資格

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.